ドリフトレーシングゲーム(仮) イメージムービー公開

当社は、関連会社であるGFA株式会社(東京都港区・代表取締役   片田朋希(以下「GFA社」という))と共同開発中である次世代型レーシングゲームアプリ『ドリフトレーシングゲーム』(仮)の開発経過報告として、ゲーム内のイメージムービーをROOTS公式YouTubeチャンネルにて公開いたしました。
本作品は当社のeスポーツ事業のゲーム開発第一弾として、プロドライバーの土屋圭市氏を監修に迎え、GFA社と共同開発を行っております。
本作品を通じて、日本全国のイベント会場で定期的なeスポーツの大会開催なども視野に入れ、立体的な事業展開を想定しています。(海外展開も含む)
また、 様々なプラットフォームでゲームソフト開発やオンラインゲーム運営などの実績を持つ、株式会社 電遊社(京都市山科区・代表取締役 林 省吾(以下「電遊社」という)など複数社と業務委託契約を結び、『ドリフトレーシングゲーム(仮)』の開発を着実に進めております。
なお、本作品のリリースは、2021年春を予定しております。

 


1.「ドリフトレーシングゲーム」とは

本作品は、実在する街や車好きに人気の高い峠などを舞台としてレースを繰り広げるレースゲームです。
画面をタッチする簡単な操作で、誰でも手軽に、豪快で爽快なドリフト走行を楽しむことができます。
実在する人気車種に、様々なパーツを活用してカスタマイズ、ドレスアップしていくことが可能で、自分好みの車を築きあげて、コレクションすることも可能です。
eスポーツ展開を視野に入れ、 同時接続しているプレイヤーがリアルタイム対戦を行うことを可能とします。
100人で勝ち抜きのリーグ戦を行ったり、チームを構築して戦績を競い合ったり、シナリオをクリアしていくモードなども用意していきます。
また、 GPS(位置情報)機能 を活用して、 特定の地域(店舗やレース会場など)に集まっているユーザー同士でトーナメントを開催することや、アイテムを入手できるイベントなども導入予定です。

                   

※ゲーム画面は全て開発中のものです(©︎2020 GFA Inc. / DK Association Inc.)

 

2.ゲームの特徴

(1)eスポーツに対応できる対戦機能を導入!!
 従来の擬似的な対戦を主体とするレースゲームアプリに対し、本作品はインターネットを通じて、同時接続中のユーザー同士が通信対戦できるレースゲームアプリとします。

(2)簡単な操作で遊びやすさを重視!!
 操作性をシンプルにすることで、子供から大人まで幅広い層に遊んで頂き、イベントの参加など誰でも気軽に楽しむことができる作品とします。

(3)GPS(位置情報システム)機能を活用!!
 GPS機能を使って特定の場所(店舗やレース会場など)にいる他のユーザーとの対戦を可能とします。

※自動車の販売店に行くと限定の車がプレゼントされるなど、プロモーション事業との連動も想定していきます。

                   

※ゲーム画面は全て開発中のものです(©︎2020 GFA Inc. / DK Association Inc.)

 

 

3.株式会社 電遊社とは

株式会社電遊社は2002年に京都府に設立され、様々なプラットフォームでゲームソフト開発やオンラインゲーム運営などの事業を手掛けています。
ゲームの企画提案から開発、デバッグまでの全工程に対して、一貫したソリューションを提供、様々なプラットフォームでの開発にも対応できる環境を整えています。
また、ゲーム開発だけでなく、様々なデジタルコンテンツの開発、オンラインゲームの運用なども対応しています。
積極的に海外展開も視野に入れ、海外に開発部門を構築しています。
英語や中国語のローカライズも全て自社で完結できる体制を整えています。

 

 

 

『ドリフトレーシングゲーム』(仮)イメージムービー
https://youtu.be/DWfCLKp8nts

 

ROOTS YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCc7I-_t9WN1Tm6h4-klLq8w/featured

 

株式会社GFA公式サイトURL
https://www.gfa.co.jp/

 

ROOTS公式サイト URL
https://rootsesports.com/

 

ROOTS JAPAN CUP FINAL 2019の動画は下記をご覧ください。
https://youtu.be/XsaZc8ik-sI

 

株式会社 電遊社
https://www.denyu-sha.co.jp/index.html

 

以上